HOME > 院内施設・設備案内 > 検査室

検査室について

経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)や経口内視鏡、大腸内視鏡などの検査を行います。

内視鏡(胃カメラ)は苦痛の少ない検査です。

1Fにある処置室です。
院長による診察を終えた後の点滴や、やけどや切り傷の消毒などケガの処置などを行います。

また、血圧や心電図、採血、身体計測などの各種検査などにも利用します。

点滴注射や処置を確実に実施することで、患者様の症状を少しでも軽減できるようこころがけています。

内視鏡(胃カメラ)は苦痛の少ない検査です。

胃がんや大腸がんを早期に発見するため

日本人に多い胃癌も内視鏡(胃カメラ)の進歩により、早期発見が容易に行えるようになりました。また内視鏡検査は(逆流性)食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、 潰瘍性大腸炎などの診断にも有効です。

胃内視鏡検査は、食道から胃、十二指腸上部まで、診断と治療が一度にできるという点で、画期的な検査方法で、ほとんど苦しくない胃内視鏡検査を受けることが可能です。

また、以前とは違って内視鏡の機器自体が改良され、最近では軟らかくて細くなり、実際に検査された方々からは、「思ったより楽だった」との評価をいただいています。

診療科目

  • 内科のご案内
  • 小児科のご案内
  • 外科のご案内
  • リハビリテーション科のご案内
  • 皮膚科のご案内
  • 健康診断・検査のご案内

清水医院へのアクセス

採用情報

清水医院の携帯サイトはこちらから

横浜市医師会