HOME > 院内施設・設備案内 > リハビリ室

リハビリ室について

肩こりや腰痛、関節痛などによる辛い症状に対し、専門の機器を用いて治療を行っています。

西洋医学と東洋医学の両面から治療します。

2Fにあるリハビリ室の中には鍼治療室を備え、専門の機器を用いて西洋医学と東洋医学の両面から治療します。

干渉波治療器・SSP療法器は低周波による電気刺激で患部を刺激します。

こんな症状が気になったらご相談ください。
  • 外傷(打撲・捻挫・脱臼・骨折・切り傷・むち打ち症)
  • 神経痛、筋肉痛などの症状
  • 骨粗鬆症などの症状
  • 変形性膝関節症などの症状
  • 頚椎症、五十肩、頸腕症候群などの症状
  • 腰椎椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症などの症状
  • リウマチなどの症状など

干渉波治療器・SSP療法器

リハビリ室内設置機器

リハビリ室内設置機器

ウォーターベッド
(水圧刺激により、肩から腰、下肢にかけての筋肉・腱・靭帯の凝りをやさしくほぐします。)
ストレッチマット
(良い身体の状態を維持する為、ストレッチや体操を行います。)
鍼治療室
(リハビリ室内の鍼治療室では鍼治療を用いて西洋医学と東洋医学の両面から治療します。)
牽引器
(腰椎や頸椎の変形を矯正し、神経の圧迫を除圧して痛みを和らげます。)

※一人一人のお体の状態に合った療法で、専門のスタッフが治療にあたっています。

診療科目

  • 内科のご案内
  • 小児科のご案内
  • 外科のご案内
  • リハビリテーション科のご案内
  • 皮膚科のご案内
  • 健康診断・検査のご案内

清水医院へのアクセス

採用情報

清水医院の携帯サイトはこちらから

横浜市医師会